インストラクター試験を希望される方、インストラクター養成クラスについて等のご質問は、事務局(taozen@taozen.jp)までご連絡ください。

チネイザン・アシスタントインストラクター

  • プラクティショナー認定後、2年以上の方
  • 「チネイザン・プラクティショナー養成コース(レベル1)」を再受講していること(出席率80%以上)
  • プラクティショナー養成コースで、中間試験や最終試験の試験官を2回以上おこなう
  • 瞑想を日常的におこなっている
  • ブッダパーム、観音気功、太極拳のいずれかを習得していること
  • ヒーリングサウンズを習得し、説明ができること
  • 大内による試験に合格すること(試験料3,300円)*再試あり

セルフ・チネイザン

  • チネイザンプラクティショナー養成コース修了生で、中間チェックに合格している事
  • 「セルフ・チネイザン」を再受講していること
    ※過去にインストラクター養成クラスを受講している方は再受講の必要はありません
  • 「ヒーリング・サウンズ」を受講していること
  • ケーススタディ・レポートの提出(30分以上のケースを5回以上)
  • 大内による試験に合格(試験料8,800円、エッセイ提出)*再試あり

チェックポイント

  1. チネイザンの基本的な考え方を理解している
  2. チネイザンの基本技術が習得されている
  3. セルフ・チネイザンを指導できる
  4. ヒーリング・サウンズを習得し説明ができる

ヒーリング・サウンズ

  • チネイザンプラクティショナー養成コース修了生であること
  • 「ヒーリング・サウンズ」を再受講していること
    ※過去にインストラクター養成クラスを受講している方は再受講の必要はありません
  • ケーススタディ・レポートの提出(30分以上のケースを5回以上)
  • 大内による試験に合格(試験料8,800円、エッセイ提出、オンライン可) *再試あり

チェックポイント

  1. ヒーリング・サウンズを正確に習得し、説明ができる
  2. 五臓六腑それぞれの要素を理解している
  3. 生徒に伝えることができ、修正もできる
  4. インナースマイル瞑想を習得し、説明ができる
  5. 感情・思考についての洞察力がある

ヒーリング・ラブ

ヒーリング・ラブ(レベル1)

  • 「ヒーリング・ラブ(レベル1)」を受講していること
  • 「ヒーリング・ラブ(レベル1)」を再受講していること
    ※過去にインストラクター養成クラスを受講している方は再受講の必要はありません
  • 「インナースマイル瞑想」を受講していること
  • ケーススタディ・レポートの提出(30分以上のケースを5回以上)
  • 大内による試験に合格(試験料8,800円、エッセイ提出、オンライン可) *再試あり

チェックポイント

  1. ヒーリング・ラブ(レベル1)を自分なりに実際に習得している
  2. ヒーリング・ラブの基本的な考え方、技法を教えることができる
  3. 参加者の個人的なニーズにも多少は対応できる
  4. 瞑想を日常的に実践していること ・感情・思考についての洞察力がある

ヒーリング・ラブ(レベル2)

  • 「ヒーリング・ラブ(レベル2)」を受講していること
  • 「ヒーリング・ラブ(レベル2)」を再受講していること
  • ヒーリング・ラブ(レベル1)のインストラクターであること
  • ヒーリング・ラブ(レベル1)のアシスタントを1回以上行う
  • 「小周天瞑想」を受講していること
  • ケーススタディ・レポートの提出(30分以上のケースを5回以上)
  • 大内による試験に合格(試験料8,800円、エッセイ提出) *再試あり

チェックポイント

  1. ヒーリング・ラブ(レベル2)を実践して自分なりに習得している
  2. 技術的なことはもちろん、基本的な考え方をきちんと習得していて、伝えることができる
  3. 個人的な課題にも対応できる
  4. 瞑想を日常的に実践していること

ヒーリング・ラブ(レベル3)

  • 「ヒーリング・ラブ(レベル3)」を受講していること
  • 「ヒーリング・ラブ(レベル3)」を再受講していること
  • ヒーリング・ラブ(レベル2)のインストラクターであること
  • ヒーリング・ラブ(レベル1あるいは2)のアシスタントを2回以上行う
  • 「七世代瞑想」を受けていること
  • ケーススタディ・レポートの提出(30分以上のケースを5回以上)
  • 大内による試験に合格(試験料8,800円、エッセイ提出)*再試あり

観音気功

観音気功(レベル1)

  • 「観音気功クラス」を再受講していること
    ※過去にインストラクター養成クラスを受講している方は再受講の必要はありません
  • 大内による試験に合格(試験料8,800円)*再試あり

チェックポイント

  1. 観音気功の動きを理解しきちんとできている
  2. それぞれの動きのニュアンスなども含めて説明しながら指導できる

観音気功(レベル2)

  • 「観音気功(レベル1)のインストラクターであること
  • 観音気功(レベル1)のアシスタントを1回以上おこなう
  • ケーススタディ・レポートの提出(30分以上のケースを5回以上)
  • 大内による試験に合格すること(試験料8,800円、エッセイ提出)*再試あり

チェックポイント

  1. 観観音気功の動きはもちろん、内的な動きや変化にも理解がある
  2. 生徒の動きを見て、どこが良くて、どこをどのように変えていくと良いかを指摘できる
  3. 細かい動きや、呼吸、視線などにも指導ができる
  4. どのような身体能力や心的な状況の人にも観音気功を指導できる

観音気功(坐式)

  • 「観音気功(座式)クラス」を受講していること
  • 大内による試験に合格(試験料8,800円)*不合格の場合は再試あり

チェックポイント

  1. 観音気功の座式を習得し説明ができる
  2. 各動きを説明しながら、指導できる

インナー風水太極拳

  • 「インナー風水太極拳・レベル1」「インナー風水太極拳・レベル2」を受講していること
  • 「小周天瞑想・レベル1」を受講していること
  • 大内による型のチェック試験に合格(試験料5,500円) *再試あり
  • 型チェック合格後、ケーススタディ・レポートの提出(5回ケース以上)
  • 大内による最終試験に合格すること(試験料5,500円) *再試あり

チェックポイント

  1. インナー風水太極拳の動きを理解しきちんとできている
  2. それぞれの動きのニュアンスなども含めて説明しながら指導できる