『夏のチネイザン』
夏にはどんなチネイザン療法が適切か?

 

 

今年の夏は、例年よりも猛暑のようですし、長い期間夏のようです。
そこで夏に向けてのチネイザンというテーマで考えてみましょう。

五行で火。心と小腸と舌、脈ということでも考えられます。
また五行でも関係性や統合性で考えていく必要があります。
また感情や社会性でも考えてみたいと思います。

チネイザン療法は、その場では一人のクライアントに向かっての施術ですが、そこには社会性、文化性、そしてプラクティショナーの人としての在り方が交差してきます。
もちろんウエルネスへの施術ではあるのですが、プラクティショナーの進化や社会運動であるとも考えています。

今回の勉強会は、表参道スタジオを離れてからの初めての勉強会になります。
夏のチネイザンというテーマで、具体的な施術方法も含めてみんなで試行錯誤してみましょう。

日本の夏は、本来大変に風情の豊かな季節でした。
現代の夏は、心にも身体にも熱がこもりやすくなってはいないでしょうか?
夏は、開放的なものでしたが、閉鎖的にはなっていないでしょうか?
本来の夏のパワーを心と身体に取り戻してみたいと思っています。

注:畳の部屋のようです。タオルなどは持参していただく方がいいかと思います。

【日程】2018/7/26(木)
【時間】19:00 〜21:00
【場所】神保町(水道橋)
※お申込いただいた方に別途、ご連絡します。
事務所とは違う場所になりますので、お間違いのないようお願いします。
【会員特別料金】3,240円(税込)
【講師】大内雅弘
【お支払い方法】事前の銀行振込、もしくはPayPalでの決済をお願い致します。
【持ち物】タオル、飲み物、筆記用具、メモ帳など
※タオルは必ず、お持ちください。

お申し込みはこちらから→https://pro.form-mailer.jp/fms/2a1a854c71926