日本チネイザン協会員のためのワークショップ by 大内雅弘

 

大内雅弘が行う日本チネイザン協会員だけのための特別ワークショップです。すでにプラクティショナーになっている方、これからの方、あるいはしばらくチネイザンから離れている方も気軽に参加ください.協会員の特典の一つです。

今回は

1)ニーディングの新しいやり方について。

2)ポンピング(肝と脾)の陰陽のやり方。

3)チネイザンはどうやって役に立てていくのが良いのだろうか?

4)自由ディスカッション

など、内容が盛りだくさんのワークショプです。

 

1)ニーディングはチネイザンでも大切な施術法です。

ニーディングの意味をもう一度深く考えてみます。いろんな方のニーディングを見ると、ちょっとまとまりのないもの、自己流になってしまっている状況があります。それらを踏まえ、14期からはもう少し詳しくニーディングをまとめました。全体をきちんと捉えること、特に肋骨や腸骨の脇の部分などの手技を丁寧に説明、練習をします。

2)ポンピングの方法を再確認するとともに、レベル2で行う呼吸を逆に使う方法を説明、練習します。この新しい方法を学ぶことによって、ポンピングの施術の世界がさらに広がります。

3)チネイザンは、身体的なだけの影響ではない効果があることは、みなさんも実感していると思います。と同時にチネイザンはなんであるかを簡単に説明することの難しさ、そして実感を感じてもらうことの難しさも感じているかと思います。この点について大内の経験も含めてみんなで話ができたらと考えています。チネイザンの素晴らしさをどう自分たちが認識していくかと同時に、どう伝え理解してもらっていくかの大きなテーマです。

4)その他、どんなことでも自由に話ができる時間を設けます。
こんなことを話したいということがあれば、事前にメールをいただけると助かります。

※16:30以降は自主練習でスタジオを使うことができます。

【日程】2018/ 2/4(日)
【時間】13:00 〜16:00
【場所】タオゼン表参道スタジオ
【料金】5,400円(税込)
【講師】大内雅弘
【お支払い方法】事前の銀行振込、もしくはPayPalでの決済をお願い致します。

お申し込みはこちらから→https://pro.form-mailer.jp/fms/2a1a854c71926